ご挨拶

わが国は、地球上のどの国よりも速く、超高齢化社会を迎えようとしています。
これまでのような、「20年学び、40年働き、20年余生を過ごす」という人生の枠組みは、もはや過去のものとなり、「人生100年」の時代が間もなく到来します。
つまり、これまで常識とされてきた社会の構成は大きく変わり、企業も個人も、その変化への順応を否応無く迫られる、ということです。
そしてこのトレンドは、決してわが国だけではなく、中期的に見れば世界共通のものです。
世界全体・地球全体で、社会構造の変化に対応していく必要がある、ということでもあります。
少子高齢化、人口減少、、、これらは、漠然として未来に対する不安を想起させ、人々をしばしば悲観させます。
しかし、我々は悲観しません。
人類社会は課題を乗り越え、必ずや未来は輝かしいものになることを確信しています。
激変していくであろう未来を、新しい社会構造にマッチした輝かしいものにするため、企業活動を通じて貢献していくことがエー・フレーム株式会社(A-frame)の根本的なVISIONであり、目標でもあります。

A-frameは、3つの経営理念に基づき、企業活動を行っています。

【One and Only Reliability:信頼】
A-frameは、前身のイーパックシステムズ株式会社(ePS)時代の2000年より、お客様が導⼊するSAPを中⼼とした基幹業務システム、JAVAや.NET等を利⽤したシステム、RPAソリューションに基づくRPAシステム、等の構築・運用保守をサポートし、多くの実績をあげて参りました。
A-frameは常に先端の技術に対応し、基幹システムの導入及び、AMOサービスを通して、お客様に「安心」を提供することで、「信頼」を得ます。
さらに、A-frameは、お客様も含めた全てのステークホルダーに誠実に向き合い、全てのステークホルダーから唯一無二の信頼を得ます。

【Growth Together:成長】
A-frameは、我々自身の際限なき成長により、全てのステークホルダーの成長に貢献します。

【New World Order:進取の気性】
A-frameは、従来の枠組みや常識を超え、未来の新しい枠組みや常識を形成する企業であり続けます。
先述したVISIONを志向し、これらの経営理念をベースの考え方として、A-frameは、お客様の価値生産性の最大化を直接的・間接的にご支援するため、基幹業務システムの導入サービス全般(コンサルティング事業)及び、基幹業務システムの運用保守サービス(AMO事業)を提供する企業です。

これらの事業を通じて、A-frameは、お客様の企業価値向上に貢献し、ひいては未来の社会全般に貢献いたします。

代表取締役 岡田昭彦