From DTC

デロイト トーマツ グループの戦略との関連性

デロイト トーマツ グループは、クライアントのデジタル変革の推進を、戦略策定から実行、保守・運用までEnd-to-Endで支援する体制を強化する方針のもとで、FY20からスタートした中期経営計画に沿って、グループ共通のテクノロジー基盤の整備、テクノロジー人材の採用・育成、関連分野でのM&Aなどに重点的な戦略投資を行う計画を進めています。今回のA-frameの株式取得も、このようなグループの戦略投資の一環として実施されるものです。

デロイト トーマツ コンサルティングの今後の事業方針との関連性

デロイト トーマツ コンサルティングは、今後、A-frameのサービスをデロイト トーマツ コンサルティングの各種コンサルティングと一体的に提供することにより、ITシステムの導入・更新を伴うクライアントの変革を End-to-End で支援するための機能・体制を大幅に拡充していく方針です。特に、A-frameが最も得意とするSAP関連領域については、デロイト トーマツ コンサルティングとしても展開強化に注力していることから、今後需要が急速に高まると予想されるSAP S/4HANAへの移行等に対応するサービス体制の増強に向けて、A-frameとの連携を加速させる計画です。