事業内容

事業概要

エー・フレームのビジネスモデル
エー・フレームは、プロセス産業のITコンサルティングとそのAMOサービスを2大事業軸とし、蓄積したノウハウを他業種へ展開しながら持続的成長を続けております。

 

主な事業実績

2000年 イーパックシステムズ(ePS)として設⽴後、保守運⽤サービスを軸にSIサービスを展開
2000年問題の終焉と共に、製造業(特に化学)のSAP導入⼊プロジェクトを多数主導
2001年

2003年
出光グループへの導⼊実績を買われ、⼤⼿⽯油化学メーカー及び、流通、重機メーカー等6社への導入支援を実施
N化学のSAP導入に際し、「生産」「ロジスティック分野」の導入支援も併せて実施し業務改革を推進
2004年

2005年
⽯油化学メーカーとの協業による「SAPテンプレート」を開発、販売を開始
化学メーカーを中⼼に「SAPテンプレート」によるSAP導入支援を多数実施
2006年

2007年
⼤⼿メーカーに続き、中堅⼤⼿へのSAP導⼊を展開
⼤⼿⽯油精製メーカー潤滑油事業部⾨へのSAP導⼊⽀援を実施
導⼊から保守までの⼀環したサービスを⽬指し、AMO(Application Management Outsourcing)センターを設⽴
2009年

2011年
中⼩企業向けERP事業の拡充を図り、包装資材メーカーへの導⼊⽀援を実現
⽯油精製メーカー潤滑油部⾨「グローバルプロジェクト」へ参画、導⼊後のAMOサービスを展開
2013年〜 ⽯油精製メーカーの本体「ビックバンプロジェクト」に参画
マルチベンダーとして協⼒会社と連携、ピーク時140名強のコンサルタント、及びSEを投⼊、現在定着化に向け同プロジェクトを推進
2016年〜 オンデマンドサービスを開始。
大手石油精製メーカー、大手運輸会社のSAP開発支援をAMOセンターにて実施
2017年〜 大手コンサルティングファームとの協業によるRPA事業へ参入を開始
※2018年現在